企業サイト制作で入れておく基本のプラグイン8選|WordPress

ワードプレスで企業サイトを作るとき、どのプラグインを入れようか迷ったことはありませんか?

プラグインにはたくさん種類があるしどれを選べば?・・・
入れすぎも良くないって聞くけど?・・・
企業サイトで必要なのはこれとこれ!ていうのが知りたい・・・

同じ悩みを持っていた私が、
調べて試して、外注さんが使っているものを参考にしたりしながら厳選した、
基本の機能を押さえた8つのプラグインを紹介します。

テーマ作成時に使うプラグイン

1. Show Current Template

今見ているページにどのテンプレートファイルが適用されているかを、上部のツールバーに表示してくれるプラグインです。
テーマ作成が完了したら削除していいと思います。

2. Duplicate Post

投稿の記事などを複製できるようにするプラグインです。
意外と投稿や固定ページを複製したいなーと思うこと多いです。

3. WP-PageNavi

投稿のページナビゲーションを簡単に追加できるプラグインです。

4. MW WP Form

お問い合わせフォームを簡単に追加できるプラグインです。
必須項目や入力形式の指定、確認画面、自動返信メール、お問い合わせ管理などなど、フォームに必要な機能がまるっとセットになっています。

運用時に使うプラグイン

5. All In One SEO Pack

管理画面上から簡単にSEO対策ができるようになるプラグインです。
各ページのディスクリプションやSNSの設定まで色々なことができます。

6. EWWW Image Optimizer

メディアに追加する画像のサイズを、自動で圧縮してくれるプラグインです。
お客様は何も分からず大きな画像を入れてしまいがちなので、入れておくと間違いないです。

7. All-in-One WP Migration

サイトを移管するときに使われるプラグインですが、 テーマファイルを大きく触るときや公開時のバックアップに使えます。
このプラグインでエクスポートしたファイルをインポートするだけなので簡単。
使うときだけ追加しましょう。

8. SiteGuard

簡単にサイトのセキュリティを強化してくれるプラグインです。
ログイン画面のURL変更や、ログイン時の画像認証・複数回失敗でロックする機能などWPを悪意のある攻撃から守ってくれます。

(番外編)必要に応じて機能を追加するプラグイン

Advanced Custom Fields

投稿などの入力項目を指定してあげて、表示箇所も指定してあげることで、実績などの一覧を簡単にきれいにまとめることができます。
固定ページに使うことで固定ページの編集をしやすくすることもできます。

Custom Post Type UI

投稿を増やすことができるプラグインです。
例えば、お知らせとブログを別で運用したいときなどに使います。

Elementor

固定ページをメインに、感覚的にレイアウトができるようになるプラグインです。
全ページ自由に触って、コンテンツの追加もしていきたいというお客様のサイトに使えます。

プラグインは上手く使おう!

プラグインはなるべく使わないほうがいいとも言われますが、うまく使えば楽に制作できますし、最初は頼ってもいいと思います。
それがワードプレスの良さの一つでもあるし。

WP制作に慣れてきたら、できるところから少しずつ、自分でコードを書いて実装できるようにしていきましょう。

「この記事が役に立った!」方はこちら