ウェベン!

メールで投稿できるようにする方法【WordPress】

設定する機会は少ないかもしれませんが、WordPressの投稿をメールでするための設定方法です。

ポイントはこちら。

  • 指定のメールアドレスに送ったメールが投稿となる。
  • 投稿専用の新しいメールアドレスを作る。
  • WordPressでそのメールをチェックできるようにする。(この時点ではまだ手動)
  • プラグインで定期的に自動でメールをチェックし、投稿してくれるようにする。

順番に流れを記していきます。

01.投稿専用の新しいメールアドレスを作る。

メール投稿は、指定のメールアドレスに送られたメールを投稿として表示します。
言い換えると、そのメールアドレスに届いたものはすべて投稿としてWEBサイトに表示されてしまいます。

なので、専用のメールアドレスを作る必要があります。
(間違って送っちゃうとプライベートな内容が投稿に表示されちゃうかも!!)

今回は、比較的簡単に作れるGmailを使います。

Googleアカウントを新規作成する

Googleにアクセスし、Gmailをクリック。

「アカウントを作成」をクリック。

姓名・ユーザー名・パスワードを入力し、「次へ」をクリック。

生年月日・性別を入力し、「次へ」をクリック。

プライバシーポリシーと利用規約が表示されるので「同意する」をクリックすると、アカウント作成は完了です。


Gmailの設定をする

Googleアカウントの作成が完了すると、そのままGmailの画面に飛んだかと思います。
そのままGmail側の設定をしていきます。

右上の歯車マークをクリックすると「クイック設定」のタブが現れるので、
「すべての設定を表示」をクリック。

「メール転送とPOP/IMAP」のタブをクリックして切り替え、
「今後受信するメールでPOPを有効にする」にチェックをし、「変更を保存」をクリック。

Gmailの設定はこれで完了です。

02.WordPressでメールをチェックできるようにする。

次は、WordPress側の設定です。
管理画面の「設定 > 投稿設定」に移動します。

「メールでの投稿」の4つの項目を以下の通り入力します。

メールサーバーssl://pop.gmail.com
ポート995
ログイン名作成したGmailのメールアドレス
パスワード作成したGoogleアカウントのログインパスワード

「変更を保存」をクリックし、WordPress側の設定は完了です。

ただこれだけでは、自動でメールをチェックして投稿まではしてくれません。
ここからはプラグインを使用して、自動でメールをチェックし投稿してもらえるようにしていきます。

03.自動でメールをチェック&投稿してくれるプラグイン「Postie」を設定

WordPressの管理画面で「プラグイン > 新規追加」に移動します。

右上のキーワード入力欄に「postie」と入力し、Postieの「今すぐインストール」をクリック。
インストールが終わったら、そのまま「有効化」をクリック。

 

管理画面のメニューにPostieが追加されているので、それをクリック。

まずは「メールサーバー」タブの設定。
赤枠で囲んだ5項目について、以下のように設定。

メールプロトコルPOP3-SSL
ポート995
メールサーバーpop.gmail.com
メールユーザーID 作成したGmailのメールアドレス
メールパスワード 作成したGoogleアカウントのログインパスワード

あとは必要に応じて「メールのチェック頻度」を変更してください。

次に「ユーザー」タブの設定をしていきます。

ユーザータブに切り替え、「投稿を許可するメールアドレス」を設定します。

ここに入力されたメールアドレスからのみ、メール投稿が可能になります。
複数設定したい場合は、改行して入力していきます。

「変更を保存」をクリックで、プラグインの設定も完了です。

04.最後にメールを送って確認

今回作ったGmail宛てに、投稿を許可したメールアドレスでメールを送って確認してください。
メールのタイトルが投稿記事のタイトルに、メールの本文が投稿記事の本文となります。

デフォルト設定だと30分ごとにメールをチェックしに行くので、最大30分はかかりますのでご注意ください。

キーワード: