ウェベン!

【VScode使い始めたら】まず入れるべき9つの便利な拡張機能

最近コーディングのエディタをVScodeに変えました。
理由はTwitterとかセミナーとかでよく名前を聞き、
使っている人が多いから(笑)

安直な理由ですが、
それだけ多くの人が使っているというのは「良い」からですよね!

ということで、まだまだ使い始めですがけっこう便利で使いやすい♪
そんなビギナー
「とりあえずまず入れとけば、とりあえず便利」
という拡張機能を調べ倒したので、
ここで厳選した9つを共有♪

公式のリンク先も載せていますが、
VScode開いて拡張機能のタブでキーワード検索してインストールするのが速いです!

VScode本体のダウンロードはこちら

01】 Japanese Language Pack for Visual Studio Code

VScodeは初期状態で英語なので、まずこれを入れて日本語化しましょう。

インストールして開きなおすだけで日本語化されます。

公式:Japanese Language Pack for Visual Studio Code

02】Auto Close Tag

この拡張機能を入れるだけで、HTMLの閉じタグを自動で挿入してくれます。

公式:Auto Close Tag

03】Auto Rename Tag

開始タグのタグ名を変えると、閉じタグも自動で変えてくれます。
地味に便利。

公式:Auto Rename Tag

04】Beautify

コードを自動で整形してくれます(インデントを自動で入れてくれる)。

Ctrl + Shift + P でコマンドパレット開いて、beautify fileを選択。
設定を変えれば保存時に自動でもやってくれます。

公式:Beautify

05】Live Sass Compiler

ボタン一つ、watchモードに切り替えるだけで、
Sassファイルを保存時に自動でコンパイルしてcssファイルを生成してくれる。

公式:Live Sass Compiler

06】Rainglow

エディターの画面色を変えられるテーマです。
たくさんのテーマのなかから、自分に合った配色を選ぶことができます。

公式:Rainglow

07】Trailing Spaces

不要な半角スペースをハイライト表示してくれます。

Ctrl + Shift + P でコマンドパレット開いて、
Trailing Spaces: Deleteを選択で一括削除できます。

公式:Trailing Spaces

08】zenkaku

全角スペースをハイライト表示してくれます。

これも本当に助かります。

公式:zenkaku

09】SFTP

VScodeからサーバーへ直接アップロードできるようになります。

公式:SFTP

まとめ

拡張機能が豊富で結局なに入れればいいの?という人は、
とりあえずこれだけ入れて初めてみてはいかがでしょうか?

キーワード: