ウェベン!

#07 スイス新婚旅行【インターラーケン~ベルン~ ローザンヌ~マルティニ】

今日は移動日。
明日のモンブランに向けて、マルティニまで近づきます!

クリックで拡大

直行でマルティニまで行くと2時間くらいでついてしまうので、ベルン、ローザンヌと回り道して観光しながら進むことにします♪

まずは世界遺産の街ベルンへ!

ヴェスト駅まで歩き、色々経由するため窓口で切符を購入!
愛想のなさそうな若者に当たってしまってビビったが、もの分かりがよく、スムーズにチケットを発行してくれた♪

DSC_3372

電車に乗り込みシュピーツ方面へ、湖を右手に楽しみながら進む。
車窓から見る街と湖の風景は、船からの景色と違ってまたいい♪

シュピーツからは北の方へ進んでいく。
田園風景♪

2時間ほどでベルンに到着♪
駅は首都だけあって大きく、先進的。

いい意味でも悪い意味でも少し田舎くさい雰囲気が漂っている。
今までのツェルマット・インターラーケンは「ザ・観光地」という感じで、隔離された夢の国とも思えるくらいにキレイで治安が良かった!

その2都市を経由してのベルンは余計に生活感や雑多な印象を感じさせた。

駅を出るとそこはもう中世の街並み♪
駅の前に教会があるのでなおさら。

とりあえず旧市街にのほうへ向かいます♪
教会を左へ。

10:00なのに、もうすでに歩くのがツライくらい暑い!!
ちょうど旧市街の道に沿ってお店が立ち並び、柱廊が続いている。
ラッキー♪

要所要所に有名らしい噴水が。
古代色の強い色使い。かつてのパルテノン神殿なんかもこんな色だったとか聞いたことがある。

チョコレートの量り売りのお店も。
ディスプレイがいちいちオシャレ♪
商品の使い方、見せ方が本当に上手い!

この真上が時計台

10分ほど歩くと、時計台に着いた!
日本人の観光客がちらほら。

タイミングが合わず、仕掛けが見れなかったのでさらっと写真を撮って進みます。毎時56分から仕掛けが動き出すみたい。

噴水が続く。
噴水から次の噴水へ、道路下の水路で水を送っているらしかった。効率的♪

時計台を離れていき、ずーっとまっすぐ歩いていく。

右手に大きな教会が見えてきた!
目的地のベルン大聖堂♪

露地に入っていき、ベルン大聖堂の裏門から敷地に入る。
大聖堂の前には気持ちいい緑の広場!

高台にあり、市街地のキレイな赤い屋根とアーレ川を見下ろせます!

しばし黄昏れます(笑)

今日の行程は、持ってきた荷物をすべて背中に背負って移動するため、結構しんどい!
靴とアイゼンは先に日本に送ったのに、何が重いんだ?

ザックをおろして、川を眺めながら過ごす。
こういう時間も旅行の醍醐味だなぁ。

ということで肩の痛さも取れ、観光再開♪
教会の中に入っていきます!

教会の中は撮影禁止。
外観からも想像できるゴシック様式の荘厳な空間。

建物に興味がないと言っていた奥様も、すごい!と感心していたご様子♪

建物内を一周したところで、 塔に登ってみます!
ぐるぐるぐるぐるぐるぐる・・・

長ーい階段を登ると、たかーーーい♪

高さの揃った建物に統一された赤い屋根。
エメラルドグリーンの川、きれいなアーチの橋。

さっき見た時計台。

さっきいた広場♪

ずらあああああ!!!!

景色を充分堪能し、階段を下りて駅へ向かいます。
表面の装飾は目を見張るものがありました!

ベルンをあとに、湖の街へ!

次の目的地は有名なレマン湖のほとりにある都市、ローザンヌ。
ここの大聖堂からの景色も素晴らしいらしく、奥様が美味しそうなレストランもチェック済み♪

電車に乗りこみます。

相変わらずの緑豊かな車窓の風景も、全然飽きない♪

1時間ほどすると、レマン湖が!
ぶどう畑も広がり、これぞという景色を見せてくれます♪

ベルンから1時間半ほどでローザンヌに到着♪

駅の壁には落書きが。
それすらオシャレ♪

まずは腹ごしらえ。
奥様お目当てのレストランへ。

緑に囲まれた 雰囲気の良いレストラン 「Cafe de Grancy」

中に入ると、大盛況!
キビキビしたスタッフが笑顔でお出迎え♪

席に座ろうとすると、ダンディーなイケメンスタッフが奥様の椅子を引き、
「ハロー、マドモアゼル」!!!

メニューをもらうとランチメニューは14:00まで。・・・13:55、ギリギリセーフ!!
大盛況だった店内からお客さんがどんどん出ていくのはそのせいか・・・(笑)

注文取りに来てくれた女の子は、毎回フランス語で話したあと、英語で話し直してた笑
面白かった!

とりあえずリゾットとパスタが食べたいと伝え、スタンダードなリゾットと魚介のパスタを注文。

プレートの見た目が何かもう、違う。
洗練されている。

久しぶりの魚は、味もシンプルに塩のみで美味い!
リゾットもいい炊き加減。程よく芯が残っていて、濃厚なチーズの味がよく絡んでいる。

せっかくなので湖を探索♪

ゆっくり料理を堪能しお店を出発。

せっかく湖の街だからと、坂を下り湖の近くまで行くことに!
暑いが頑張る!!

湖に着くと、東京オリンピックまであと何日と何時間何分何秒までカウントダウン!
近くにオリンピック委員会の本部があるらしい。

延期になっちゃいましたが、来年こそ開催されることを願っています!!

湖はとてもキレイでのどか。

が、暑すぎる!
木陰でぐでーーーーーーー。

みんな暑くて木陰に避難している。
昨日の夜に食べ残したポテチを食べつつ、人間観察。

・・・暑いけど時間なくなってきた。
教会にも行きたいんだった!

・・・教会は坂を上り返しローザンヌ駅を過ぎさらに登ったところ。。。

リニア?みたいな電車で行っちゃお!!
3駅で数百円。行きも使っておけばよかった・・・!

街を見下ろす教会へ!

というわけで、ローザンヌ・フロン駅というところに到着♪
Google Mapを頼りに、教会まで向かいます。

市場を抜け、

坂を上り、

公共建築っぽい建物を通り過ぎ、

たどり着いたー!!
バラ窓が良い感じですな♪

こちらの教会もゴシック様式。
バラ窓と世界で最も高価なパイプオルガンが有名らしいが、正面もすごい装飾!!

ここは内部の写真撮影もOKでした!

噂のバラ窓♪

教会内にはパイプオルガンの音色が響いていました♪
しばし椅子に座り聞き惚れます♪

ぐるっと建物を一周したあと、案内所のようなところから塔の上に上がります!5スイスフラン。
親切にも荷物置いていく?と聞いてくれて、軽身で上がることができた。

こちらも絶景♪

こういう入り組んだ感じはワクワクする!!

塔の閉まる時間が近づいていたこともあり、少し景色を見て教会を後に。

この階段も有名で、13世紀作られたらしい!(日本は鎌倉時代!!)

帰りはローザンヌ駅まで歩き、今日の宿泊地「マルティニ」行きの電車に乗りこみます!!

明日に向けて、マルティニまで。

湖とブドウ畑のきれいな街並みを通りすぎ、緑豊かな田園地帯を通り過ぎ、

岩岩しい山々が見えてきたらマルティニ。

ツェルマットに近いほうに戻ってきた感じなので、高い山に囲まれています。

駅を出ると、背の高い建物がなく人気も少ない。
まず観光客ぽい人がほとんどいない。

今日のホテルは駅から歩いて5分ほどの「Hotel de la Poste」
二人で114CHF。
物価が高いから安いほうかな?

ホテルとカフェを一人でやっているみたいで、カフェの方に声をかけると忙しそうにフロントに来てくれた。

田舎町だからか、フランス語を喋れるか聞かれた。
お互い英語があまりできず、なんとなくで受付を済ませ部屋へ(笑)

テレビあり、ベッド広い、窓も開放的でいい、クーラーなし暑い。

トイレとお風呂はキレイ。ドライヤーもあり。

夕食はコープで(笑)
時間的に20時過ぎ、飲食店はほとんど閉まっていてコープも閉店10分前!

急いで水・寿司・サラダを買って、ホテルのフロントでフォークを借りて食事。

受付の人が優しくて、フォーク借りに行ったときに、
「スペシャルサービスよ!」とフォークナイフスプーンペーパーを大量に貸してくれたのが、面白くてポイント大幅アップ♪

また来たくなるホテルです♪

ご飯を食べたら、スイスで初めてのテレビを楽しみました♪

旅も佳境。明日は・・・

とうとう明日が観光最終日。

モンブランを見に行き、帰りの飛行機に乗るためジュネーブで前泊。
最後まで盛りだくさんで楽しみです♪

#01 【日本~チューリッヒ編】はこちら
#02 【チューリッヒ~グレッシャーエクスプレス~ツェルマット編】はこちら
#03 【ツェルマット《モンテローザヒュッテトレッキング》編】はこちら
#04 【ツェルマット《グレッシャーパラダイス、マッターホルントレッキング》編】はこちら
#05 【ツェルマット~シュピーツ~インターラーケン(シュタウブバッハの滝・トリュンメルバッハの滝)編】はこちら
#06【インターラーケン~ユングフラウヨッホ展望台~トレッキング編】はこちら
#07 【インターラーケン~ベルン~ローザンヌ~マルティニ編】
#08【マルティニ~シャモニ・モン・ブラン~ジュネーブ編】はこちら
#09【ジュネーブ~日本編】はこちら